FC2ブログ
TOP二人目育児うちの寝かしつけ対策。


うちの寝かしつけ対策。


「夜子供が寝ない!」
という話をよく聞きますが、みなさんどうされてるでしょうか。

私は下の娘のりいが生まれるまでは、上のゆうだけをゆっくり寝かしつけてました。
でも今は一人寝かしてもまた一人寝かさないといけないので、できるだけ早くどちらかを寝かさないといけなくて、早い寝かしつけは結構死活問題でした。

とりあえず、りいが3ヶ月くらいで昼夜のリズムができるまでの間は、とりあえずゆうを先に寝かし、後からゆうを寝かしてました。
その後りいも昼夜のリズムがついてきて、8時半くらいに寝るようになったので、りいを寝かしたあと、ゆうを寝かしています。


寝かしつけは単純にどちらもおっぱいです。
ゆうは添い乳で、りいは授乳クッションで授乳します。

りいも添い乳してあげてもいいんですが、りいを寝かしている間はゆうにお話をしながら待たせているので、どうしても授乳クッションで寝かすことになります。
添い乳だと、ゆうにお話ができないですから。

で、早い寝かしつけのために何が大切かというと・・・

1 朝は7時までに起こす。
うちは旦那と私が5時半に起きてごそごそしているので、自然に二人とも早起きです。
そして朝はできるだけ日光をあびさせてあげたほうがリズムがつきやすいです。
うちの寝室のカーテンは薄くて朝日が入ってくるんですが、遮光カーテンとかで朝の光が入らないのは子供にはよくないです。

2 昼寝1時くらいまでにスタートさせることが目標で、3時までに切り上げる。
昼寝が遅いと夜寝ませんね・・・
できれば1時から2時くらいまでの1時間くらい昼寝させるのがうちの子にはいいです。
昼寝が長すぎると、体力が有り余ってしまって、なかなか夜に寝なくなります。
また、なにか興奮するようなことあって、昼寝開始が遅くなってしまうと、強引に30分くらいで起こしたりしています。
遅くなるとできれば寝かしたくないですが、寝かさないと夕方に眠すぎてごはんを食べなくなったりするので、少しだけ寝かせています。
また、朝起きるのが遅いと、昼寝の開始も遅くなることが多いです。

3 外遊びなどでとにかく疲れさせる。
昼寝するといってもある程度疲れないと寝ないので、午前中にしっかり体を動かすと、すんなり昼寝してくれます。
夕方もがっつり遊ばせると、夜もすっと寝てくれます。

なお、4カ月のりいはまだまだお昼寝のリズムまではついていません。
ゆうの外遊びにつきあってだっこ紐で外に出て、そのまま寝ていることが多いです。
ゆうが昼寝しからは、りいを授乳クッションで寝かせて、そのままゆうが起きるまでお膝でねんねさせたり、普段ふっくり構ってあげることができないので、ラブラブしてたりしています。

寝かしつけは大変ですが、特に体が動くようになってからは、寝かしつけるときのテクニックだけでなく、1日を通してその時間に眠くなるような流れを作ってあげることが大切なんじゃないかな、と思います。

ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村



カテゴリ:二人目育児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |