FC2ブログ
TOP二人目育児保健師の指導って・・・


保健師の指導って・・・
今日は下の娘のりいの親子サロンに行ってきました。
りいはよちよち歩きする前の赤ちゃんが行く「ひよこ組」に行っていて、サロンでは身長と体重の測定をしてくれます。

りいはすごく元気で、発達面とかは何も心配ないんですが、体重の伸びが悪いことだけが心配。
りいは2960グラムで産まれ、4か月半ばで6180グラムとまずまずの増加具合でした。
でもその後に体重が伸び悩み、あと数日で9か月の今日は、服を着た状態で7400グラムでした。

5か月くらいから体重が増えないことが気になっていて、おっぱいの回数を増やしたりしてたんですが、伸びは見られません。

りいは本当にかなり動くタイプで、3か月には完全に首がすわり、4か月くらいには寝返りしてずっと飛行機状態で足をバタバタさせてました。
さらに5カ月くらいだと、飛行機からお腹をあげて筋トレすることにはまり、かなりの時間筋トレする赤ちゃんでした。
その筋トレの効果があったのか、7か月くらいにはお腹をあげて進むはいはいをマスターし、今のブームは伝い歩きです。

体重が増える前に本格的に動き出した感じなんです。
さらにうんちの回数も異常に多く、離乳食をそれなりに食べるまでは、1日五回くらい出してました。

で、今日保健師さんに
「元気なんですけど、ちょっと体重が増えてなくて・・・」
と言うと、かなり親身になって話してくれました。

「離乳食をあまり食べない」というと、「授乳間隔をあけてお腹をすかせて食べさせるように」ってさ。
まあそれで食べたらいいけど、お腹がすいてると、泣いて怒って離乳食は食べないからね。
「おっぱいをあげすぎて悪循環になってる」そうなので
「でも食べさせても吐き出すんですよね」
というとびっくりされました。
「上の子の八か月くらいのときは一口も食べないことも多かったし、とりあえず今はちょっとは食べるからそんなに気にはならないんです」
というと
「一口も食べなかったんですか」
とびっくりされました、

おっぱい好きの赤ちゃんがほとんど離乳食を食べないことなんてよくある話。
びっくりされてこっちがびっくりだわ。

りいは致命的に食べないタイプではないし、歯がもっと生えてきたり、歩くようになったらちゃんと食べると思います。
それに好奇心も強いから、手掴み食べとかだと喜んで食べるかもしれない。

りいの体重や離乳食の進み方は確かにちょっと心配ですが、そこまで心配はしてないんです。
ですが
「市の赤ちゃんの健康相談もやっていて、○○大学の先生も聞いてくれるからぜひ来てくださいね」
とか、おおごとになってしまいました・・・

いやー、びっくり。
それに赤ちゃんの栄養指導をする人が、おっぱい好きの赤ちゃんの離乳食の進みが悪いのをこんなに知らないのもびっくり。
こんなふうに大げさにされたら、ビビるお母さんもきっといるのに・・・と、思います。

離乳食の進みが遅くてもそのうち食べるし、気長に待つのがポイントかと思います。

ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村






カテゴリ:二人目育児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |