FC2ブログ
TOP子宮筋腫授乳と子宮筋腫。


授乳と子宮筋腫。

今日は年に一度の子宮筋腫の検診でした。

私は2009年に大量の子宮筋腫があることに気付き、手術が嫌だったりなどなどでしばらく様子を見ていました。
しかし子宮筋腫がだんだん成長してきたので、ホルモン剤(リュープリン)で小さくしてから2010年に手術を行いました。
その後2011年にゆうを妊娠し、予定帝王切開で2012年に出産しています。

子宮筋腫が一番大きかったときのサイズは8cm×7㎝のものがふたつをはじめとして、その他が20個か30個ありました。
手術で20個くらいとったんですが、まだ直径3センチくらいのものは3個か4個残っていました。

3cmくらいの筋腫であれば妊娠してもあまり影響はありません。
ゆうは筋腫が残った状態での妊娠となりましたが、妊娠の経過はとても順調で、筋腫が成長することもなく無事に出産しました。

ゆうの出産直後の筋腫の状態は直径3cmくらいのものがふたつで、出産で筋腫が大きくならなかったことにほっとしました。
病院では
「授乳中は子宮が収縮するので筋腫は成長しないけど、授乳が終わるとまた筋腫の成長が始まると思います。
筋腫を成長させないためにもまずは授乳をがんばりましょう。
筋腫が成長してからの妊娠はリスクが多いので、次のお子さんを考えるなら時間をあけ過ぎないほうがいいです。
ただし、帝王切開しているので産後1年の妊娠は避けてください。」
と言われました。

で、とにかく授乳を頑張りました。
さらに授乳中に妊娠し、筋腫が成長するスキはなくなりました。

すると検診のたびに筋腫は小さくなっていったんですね。

今日の検診では、直径1.5cmくらいのものがひとつだけ。
手術の後で残っていたふたつの筋腫のうち、ひとつは消えていました。
授乳が終わると筋腫はまた成長をはじめるでしょうが、今はとてもいい状態です。

授乳ってこんな恩恵もあるんですね。
おっぱい星人のふたりにはとても感謝しています。

筋腫のあるママさん、授乳をがんばりましょうね!
筋腫が小さくなっていくかもしれないですよ★



ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村



カテゴリ:子宮筋腫
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |