FC2ブログ
TOP一人目妊娠&帝王切開帝王切開 病院からの資料


帝王切開 病院からの資料

私が帝王切開をしたときに、病院からもらった資料がありました。
結構イメージがつきやすいかと思いますので、帝王切開の予定がある方は参考になさってくださいね。

<準備室での処置内容>
・手術室までは病棟の看護師が付き添います。
・手術室は清潔区域になります。頭にはキャップをかぶっていただきます。
・手術室専用の移動用ベッドに移動していただきます。ベッドではリネン(緑の布)をかけ、寝衣を抜いていただきます。
・手術担当看護師が迎えます。本人確認のため、名前をフルネームで言っていただき、ネームバンドと確認させて頂きます。

<手術室入室>
・暑かったり寒かったり、なんでも遠慮なくお知らせください。
・移動ベッドより手術台に移動して頂きます。
・血液中の酸素を計るクリップを指先につけます。
・心電、自動血圧計をつけます。
・点滴をしていない患者様は点滴をします。

<麻酔>
・手術台の上で右側を下にして横向きになり、エビのように丸くなります(看護師が付き添い説明しながら行います)。主治医(麻酔科医)が施行します。
・仰向けになります。麻酔がきいてくればだんだん足が動きにくくなりますので、医師と看護師で介助します。
・麻酔の効き具合を確認します。触っている感じはわかりますが、冷たい感じや痛い感じなどの感覚がなくなります。
・ご気分が悪いなど、なんでも遠慮なくお知らせください。
・自動血圧計で定期的に血圧を計っていきます。(麻酔のお薬のため血圧の変動を起こしやすいので落ち着くまで連続して測っていきます)
・尿の管を入れます。

<手術中>
・術式にあった体位をとります。
・手術部位の消毒を行っていきます。
・赤ちゃんへしっかり酸素が届くように酸素マスクをつけます。
・手術が始まります。
・お腹を押したり引っ張ったりという感じはあります。お母さんも一緒に頑張ってください。
・赤ちゃんは助産師によって簡単な処置(血液をふいたり、臍の処置、体重測定など)後、お母さんと面会、ふれあえます。
・赤ちゃんは先に病棟に戻ります。
・赤ちゃん、胎盤が出ると子宮収縮剤を使用しますので、生理痛のような痛みがあります。
・手術中は意識があります。お好きな音楽をかけることもできますので、CDなどをご持参になって頂いて結構です。

<手術終了>
・膣より診察時のように器具を使って観察します。
・手術が終わりましたら消毒液をふき取っていきます。どうしても血液や羊水で背中まで汚れてしまうので、少し横向きになって背中のほうまで拭かせて頂きます。看護師が介助します。
・腹帯、T字帯をつけます。
・お腹のレントゲンをとります。

<手術室退室>
・心電計や血圧計をはずします。
・移動ベッドに移ります。看護師、医師が介助します。
・手術準備室に病棟の看護師が病棟のベッドでお迎えにお迎えにまいります。病棟ベッドに移動後、寝衣を着ます。看護師がお手伝いします。
・主治医と看護師で病棟に戻ります。


帝王切開のイメージ、つきましたでしょうか?
私の病院ではこんな感じでした。

ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村






カテゴリ:一人目妊娠&帝王切開
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |