FC2ブログ
TOP一人目妊娠&帝王切開私の帝王切開当日と翌日の授乳


私の帝王切開当日と翌日の授乳


今日なにげにネットで帝王切開と授乳を調べていると、病院によっては、お母さんの体の回復のために、赤ちゃんに授乳するのが帝王切開の3日後、なんてこともよくあると発見しました。

ひょえー!!って感じです。

「お母さんの回復のために」というと、聞こえはいいですが、3日間も授乳しなくて母乳は出るんだろうか、とか、おっぱいがはっガチガチにならないのか、とか、そもそも赤ちゃんに吸われないから母乳は出ないだろうから、ガチガチにはならないのか?とか、いろいろ考えていました。


私の場合、ですが・・・
帝王切開は午前中に行ったので、赤ちゃんが誕生した時間は11時45分です。
赤ちゃんは先に病棟に戻って処置してもらい、私が病棟に帰ったのは午後1時くらいだったと思います。
それから午後3時くらいに赤ちゃんが私の病室にきました。
でも私はまだ麻酔がさめきっていなくてあまり動けず、赤ちゃんを見るだけで、旦那や親が写真を写したり、だっこしたりしていました。
そして帝王切開当日の夜は赤ちゃんは新生児室で預かってもらいました。
その夜は傷がすごく痛くて、痛み止めをもらえたようですが、痛み止めを飲むと、子宮の収縮が遅くなると言われて、必死で耐えていました。

翌日の朝、6時か7時くらいに赤ちゃんがまた病室に来ました。
このとき助産師さんが私のおっぱいをチェックすると、母乳がじわっとにじみました。
出たのはほんとに少しだけだったんですが、自分から母乳が出たことにびっくりしました。
助産師さんに
「母乳、出ますね。授乳してみましょうか」
と言われ、さらにびっくりしました。
手術してからまだ起き上がってもいないし、傷も痛いし、授乳なんて、という感じで
「でも動けないんですけど・・・」
と言うと
「大丈夫ですよ。ちょっとおっぱいを含んでなめる程度でもいいですから。最初のおっぱいに栄養や免疫がたくさんあるんですよ」
と言われ、添い乳みたいな感じで授乳しました。

授乳、というほど授乳はできなかったんですが、これが人生初の授乳でした。
赤ちゃんが乳首を吸う独特の感覚にドキドキしました。

その後、9時か10時くらいに助産師さんがきて、一緒にトイレに行き、トイレに行けることを確認すると、おしっこの管を抜きました。
それから赤ちゃんが連れてこられ、だっこの仕方、オシメの替え方、服の着せ方、体温の計り方、などを教えてもらいました。
そして
「まだ傷も痛いと思いますけど、無理のない範囲でお世話してくださいね」
と、病室には赤ちゃんと私の二人きりになりました。

痛み止めの錠剤はもらってたので、傷の痛みはなんとかなったんですが・・・
赤ちゃんと二人なんてこれまで経験したことがないし、でもかわいい我が子だし・・・
このとき初めて「私が赤ちゃんのお世話をしないといけないんだ」と自覚しました。


私の帝王切開直後はこんな感じです。
帝王切開の翌日には授乳が始まっていました。

でも友達の出産した病院だと、自然分娩でも会陰の傷の具合からか、産後3日くらいはおしっこの管を入れていたりするところもあります。
おしっこの管が悪いとは言いませんが、おしっこの管が入っている状態で、赤ちゃんの授乳やお世話ができるのかな、と思いますし、彼女の出産した病院は母子同室ではありませんでした。
彼女に
「帝王切開の翌日から授乳してて、産後は結構きつかったよ」
というと、
「すごいスパルタ式だね」
と言われましたが、彼女はミルクと母乳の混合栄養からスタートで、すぐにミルクだけになりました。

彼女は母乳にこだわりもなかったし、仕事復帰の予定もあったのでミルクも視野に入れていたようですが、彼女も母子同室の病院で出産していたら母乳だけで育児できたのかな、と考えてしまいます。
また、母乳で育てたい、と強く思っている人が、彼女の出産した病院で出産したとして、順調に母乳育児できるのかな、とか考えたりもします。


産後のお母さんの体調はとっても大事です。
自然分娩でも帝王切開でも産後はとてもしんどいので、休みたい気持ちもわかります。
でも赤ちゃんに順調に母乳をあげるためには、そこが頑張りどころです!


ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村



カテゴリ:一人目妊娠&帝王切開
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |