FC2ブログ
TOP母乳関連夜の母乳はあなどれない。


夜の母乳はあなどれない。


母乳はどの時間にたくさん作られるかご存じでしょうか。
どの時間帯に授乳するとたくさん母乳が出て、母乳が出にくい時間帯はいつかご存じですか?
これは結構ポイントなので、母乳を考える方にはぜひ覚えていて頂きたいです。

母乳が作られやすい時間帯は深夜です。
深夜の授乳はとてもとても眠いです。
でも深夜に授乳する(赤ちゃんに乳首を吸ってもらう)ことによって、母乳を作るホルモンがたくさん出て母乳の分泌が増えていきます。

夜は眠くて授乳が大変だから、赤ちゃんにミルクを飲んでもらってお母さんはゆっくり休む、というのは、魅力的な話ですが、母乳の分泌を増やしたいならNGです。
特に産後1か月くらいは、夜も少なくとも3時間に一度は授乳しないと母乳の分泌も安定しないですし、夜に授乳しないと生理が復活したり、母乳の分泌が落ちたりします。

寝不足で大変だとは思いますが、少しだけ頑張ってほしいです。
(赤ちゃんによっては小さいうちから夜比較的寝てくれる赤ちゃんもいますしね)

なお、母乳が作られにくい時間帯は夕方です。(夕方は身体が疲れているんでしょうかね?)

粉ミルクと混合栄養の場合、母乳だけの育児を目指すなら、夜の粉ミルク追加はやめたほうがいいですが、夕方は母乳が出にくいので、夕方は本当に母乳が落ち着くまでミルクを足したほうがいいと思います。


そこで夜の授乳による寝不足対策としては、昼間赤ちゃんが寝ている間にできるだけ一緒に眠るこだと思います。
そういっても
「うちの赤ちゃん、寝たと思っても布団に置くとすぐ起きるんです!」
というのもよくあることです(うちの子供たちもそうですし・・・)

そんなとき私は、授乳して授乳クッションで赤ちゃんがうとうと寝た状態なら、布団に移動させず、そのまま寝かせて自分も一緒に寝ちゃってました。
もしくは、だっこして赤ちゃんが寝てくれたら、自分もソファに座って赤ちゃんをカンガルーケアのように赤ちゃんを胸に乗せて眠らせ、自分も一緒にうとうとしていました。
どちらも熟睡はできないかもしれませんが、うとうとでも寝るとぐっと身体は楽になると思います。
寝不足は本当につらいので、どういう形にしろ、昼間に身体を休めてくださいね。

あと余談ですが・・・家事の手抜きもポイントだと思います。
ご主人さまに掃除を手伝ってもらうとか、超手抜きレシピをおぼえるとか、すごく大事だと思います。
小さな赤ちゃんがいる期間って一生に何度もないですし、旦那さんやほかのどなたかに甘えてもいいんじゃないかな。

何にしろ、元気なお母さんがいてこその母乳育児です!
無理しないように頑張ってくださいね!


ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村



カテゴリ:母乳関連
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |